クリニックに行かなくても自力で治せる早漏

そもそもの早漏の原因と、クリニックを活用しない改善方法。

そもそも早漏になる原因は三つあるといわれています。
これを元に、クリニックに行かなくても自力で早漏を改善する方法を紹介します。

一つは心因性の早漏です、早く達してしまった経験が頭に残り、「次回も早く射精してしまうのではないか」という不安によってかえって交感神経が活発になってしまうというものです。
これの対策として、リラックスできれば問題がないため飲酒状態で性行為を行う、またはハードルは高そうですが相手に自分が早漏であることを打ち明けること。
これが心因性の改善策です。
心因性の早漏にはダポキセチンという成分が効くようで、ヨーロッパを中心に世界40ヵ国以上で使用されている安全性の高い薬もあります。

続いて二つ目は過敏性のもの、ペニス周りの皮膚神経が敏感で、健康な十代、二十代に多いそうです。
仮性包茎で亀頭が普段刺激されていない状態のかたもこの敏感性の方が多いです。
改善法として、俗にいう寸止めがクリニックになるようですが、寸止めはやりすぎるととても危険で最悪睾丸摘出などもあり得ます。
もちろんあり得るというだけですので適度にすれば全く問題はありません。

そもそもの早漏の原因と、クリニックを活用しない改善方法。2

そして最後の三つ目は、衰弱性のものです。
加齢などにより男性ホルモンの分泌が減少すると、射精を我慢する筋力が弱くなり、早漏になってしまいます。
男性ホルモン分泌の減少が始まる四十代以降に多く見られます。

改善策として、肛門をキュッと絞めて緩める。
これだけの簡単なトレーニングがあります。
いつでもできるので日ごろから意識的に行えばとても効果的です。

他にも改善策はあります。
まずはED治療薬。
ペニスは硬ければ硬い程刺激的に強いといわれているため、個人差はあるものの、過敏性や衰弱性の早漏の方の射精までの時間を延ばすことができます。
また、市販のオナホールにも早漏改善使用のものがあり、7週間のトレーニングで射精までの時間が2.69倍にもなったという結果までも出ています。
ここまでが、早漏のそもそもの原因、クリニックを活用せずに自力で早漏を改善することのできる方法、トレーニング、治療薬やトレーニンググッズです。

まとめ

そもそも早漏の原因には心因性、過敏性、衰弱性があり、それぞれに飲酒、寸止め、肛門のトレーニングなど様々なクリニックを活用しない簡単な改善方法があります。
中には危険も伴うものがあるため注意が必要。
そして、早漏に効く治療薬も存在し、用途は違えどED治療薬も効果的です。
市販のオナホールにもトレーニング用のものがあります。
このようにクリーニングを活用せず自力で早漏を改善する方法は意外と沢山あり、クリニックを必ずしも使用しなければいけないわけありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。