早漏治療をクリニックで受けるときの注意点

精神的な問題が原因なら

“早漏治療をクリニックで行う場合の注意点としては、何と言ってもその原因を突き詰めることが大切です。
一言で早漏といっても様々なことが原因で発生するため、まずは原因がどのようなことを見極めた上で、それに見合わせた対処を行うことが大切です。

一般的に早漏になる原因としては、精神的なもの、刺激に弱いもの、加齢による三つ、もしくはこれらの組み合わせだと考えられています。
その中でも精神的な早漏は、性交により早く射精した経験が心に残って、次も同じことをしてしまうのではないかなどという不安があった場合に、交感神経が活発に働きやすくなるものです。
交感神経が活発になると興奮しやすい状態となり、それに伴い射精もしやすくなってしまいます。
これが精神的な早漏にあたるものです。
仕事や人間関係などにおいて過度にストレスが溜まっている場合には、交感神経が活発化する為、同じように早漏を招く可能性も考えられるでしょう。

刺激に弱かったり加齢によるものなら

“二つ目に挙げられるものが陰茎やその周りの皮膚の神経が敏感になりすぎてしまい、少し刺激が加えられただけでも射精をしてしまうものです。
勃起力や性欲ともに強く、健康な人がなりやすいとも言えるでしょう。
特に20代や30代には多いタイプとなります。
仮性包茎になっていて、日頃から亀頭が刺激にさらされていない状態でも、性行為の際に触れられただけで射精をしてしまうことも考えられます。

そして加齢によるものですが、この場合には男性ホルモンの分泌が減ることにより、射精をコントロールするための筋力が弱まってしまうものです。
筋力が低下してしまうと射精をしやすい状態になると言えるでしょう。
それと同時に筋力の低下は射精の勢いをも弱めてしまうのです。
加齢によるものの場合には、男性ホルモンの分泌量が低下しやすくなる40代以降に多く見られるものです。
このように様々な原因から早漏を招くことになる為、自分がどの原因に当てはまっているのかを把握した上で、クリニックで治療を受けることが望ましいと言えます。

まとめ

一言で早漏と言っても、三つの原因が潜んでいることがわかりました。
クリニックで治療をするにあたっての注意点は、自分がどの原因に当てはまるのかを見極めることが重要です。
場合によっては複数の原因が重なっている可能性もあるため、信頼できる医師を探し、原因に見合った対処法を選ぶことが、早漏治療の一番の近道と言えるでしょう。
クリニックに行くのが恥ずかしいなどの重いから、自分でどうにかしたいと思う人もいるかもしれませんが、早く効果を実感するためにも、まずはクリニックで相談をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。